クラウドファンディングでニューヨークへ

f:id:hynm_rie_ehara:20160816024508j:plain

私が初めてニューヨークに行ったのは、約3年前の秋とかなり最近のことです。

 

多感な時代に映画や音楽などの影響を受けまくったアメリカ。初めてホームステイしたテキサスがあまりにも楽しくて、どうしてもアメリカの高校に通いたくなった私は、ウィスコンシン州の高校に留学しました。

アメリカは様々な都市を訪れましたが、最大の都市にして、あらゆる職業の頂点の人が集まり、流行の先端を行く、この素晴らしい街に足を踏み入れることがなかったのは、どこかこの街に気後れがあったからだと思います。

 

そんなニューヨークが一気に自分にとって身近な存在になったのは、いくつかのインターネットサービスとの出会いがきっかけです。

アメリカの様々なテックメディアの記事を読むのが日課の私は、新しいインターネットサービスを使ったり、気になったスタートアップを調べるのが大好き。そんな中、個人的に気になったサービスが皆ニューヨークに本社を置いていることに気がつきました。

インターネット業界の頂点といえば、シリコンバレー。大型調達のニュースや大胆な技術など世を賑わせるのもほとんどこのエリアですが、気になったサービスを追って行くうちに、ニューヨークにも急速に大きなテックコミュニティが成長しつつあることを知ったのです。

調べて行くうちにどんどん興味が増し、自分の元に増えてきた興味深い情報が日本でほとんど報じられていないことから、実際自分で行ってみたいと強く思うようになりました。

 

そして、自分が面白いと思ったこの情報を、スライドにまとめてみたところ、大きな反響があり、一人で行ってくるだけではなく、この情報を日本で興味を持ってくれそうな人達に広く知ってもらいたいと思いました。

www.slideshare.ne

 

クリエイティブ系のプロジェクトだけを集めたキャンペーンのためのプラットフォームKickstarterも、ニューヨークスタートアップの一つ。自分もクラウドファンディングというものを使ってニューヨークに行ってはどうかと考えました。

 

そこからはあっという間でした。CAMPFIREでプロジェクトを作り、3週間ほどのキャンペーンで、目標金額の10倍以上、237人もの方が支援してくださり、私は初めてのニューヨークに旅立ったのです。

camp-fire.jp

 

 

(つづきは以下)

ehara.blog.houyhnhnm.jp